学びながら稼げるネットビジネス生活向上倶楽部

誰でもわかっちゃう政治の超基礎 

今更聞けない政治の基礎を徹底的に小学生でもわかりやすく解説します。選挙とは政治家とは政党とは国際協力とは何かを考えてみましょう

サイトマップ

外国との同盟は対等でなくてはいけない

侵略しづらい国の条件、それは侵略する相手が強いことです。



非常にシンプルな答えですね。

いじめっ子は、自分よりも強い人をいじめたりしません。

自分より強い人に喧嘩をふっかけるのは、やたら強気なプロボクサーか、少年漫画のキャラクターぐらいでしょう。

あるいは、自分と同じぐらいの力を持っているか。

五分五分の相手であれば、わざわざ喧嘩しようとは思わないはずです。

自分が負けるかもしれないのですから。

また、喧嘩すれば勝てるには勝てそうだが、そのためには自分もかなりの犠牲を覚悟するような相手なら、いじめっ子も簡単には手を出さないでしょう。

国同士の戦争も、それと同じです。

侵略を考えている国は、戦えば必ず勝てると思っています。

たいした犠牲も払わずに侵略したい。

戦争によって国力を低下させたら、元も子もないのです。

いったいどういう国が外国から強いと思われるのでしょうか?

第一に、常に情報を集めて、今世界がどうなっているのか、いま自分の国がどんなふううに世界の国々から思われているのか、正しく判断できる国です。

つまり、情報の収集力とその分析力があるというのが第一の条件です。

第二の条件は、どこかと同盟を組むことです。

日本は今、アメリカと同盟を結んでいます。

アメリカと同盟を結んでいることで、日本の強さは大きくなっていると言えるでしょう。

ですが、アメリカと同盟を結ぶことでマイナス面も生じます。

アメリカの軍事基地を日本国内に設置していることと、アメリカの敵から日本も同じように敵視されるということです。

これは、同盟を結ぶ場合にいつも考えなければいけません。

その国と同盟を結んで、どんなプラス面とマイナス面があるのか。

もしマイナス面が大きければ、もちろん同盟を組むべきではありません。

逆にプラス面が多いのなら、同盟を結ぶべきでしょう。

都合の悪い部分を少しずつ手直ししていきながら、同盟国との関係を維持していかなければなりませんね。

同盟は、どちらか一方の国だけが得をする、100%満足するということはありません。

自分も助けるから、君も私の為になにかしてくれよ、というのが対等な同盟関係です。



そして侵略に強い国の第三の条件が、味方を少しでも増やしておくことです。

日本が味方を増やしたおかげで、大国に勝利した戦争があります。

今から約100年前、当時の大日本帝国とロシア帝国の間で起きた日露戦争です。

日露戦争のハイライトは、日本海軍の連合艦隊とロシアのバルチック艦隊が交戦した日本海海戦です。

ロシアは、バルチック艦隊を日本海まで向かわせる間に、様々な国の港で燃料や食料の補給をしようとしていました。

しかし、日本に味方する国や、日本と同盟を結んでいたイギリス領の港では、ロシア艦隊への補給を拒否したところもありました。

前もって日本が各国と友好関係を構築しておいたおかげです。

また、戦争が終わったあとの講和会議では、親日的だったアメリカが、日本に有利になるよう情報を流したりしてくれました。

周囲の国々を武力で侵略し、ユダヤ人の排斥も行っていたロシアは、当時から強大な国ではありました。

しかし、嫌われていたせいで不利な状況におちいったのです。

情報を集めて分析し、同盟を組み、味方を増やす。

これだけで、戦争をせずとも、かなりの高い確率で国を守ることができるでしょう。

学びながら稼げるイーラーニングネットビジネス生活向上倶楽部
政治ニュースを読み解くカギ
民主主義は面倒くさい
選挙に行かないで政治に文句はいわない
政治家の悪い選び方
選挙制度の有利不利
政権がとれない政党は連立する
どうして日本は二大政党制になった
衆議院と参議院の選挙
比例代表制って
打算的な選挙とイメージの投票
参議院はいらない?
政党って
政治家が権力を求める
強力なリーダーが続けば政権も長続きする
各政党の違い
派閥ごとに決まっていた大臣のイス
国会は意外と簡単なしくみ
日本で一番偉いのは?
政治家ほどよく働く職業も珍しい
借金する政治家っている?
政治献金と違法献金
議員特権は議員のためではなく国民のため
民主主義の問題点
すぐれた政治家は長期的視野をもっている
国会議員と地方議員の違い
政治家には実行力が必要
地元の利益を優先する国会議員って
どんな人が政治家に向いている
最近の政治家には威厳がない
誠実そうではなく誠実な人を選ぶ
世界を結ぶ線が見えますか
自国を優先しなくてはいけない場合
中東で戦争が起きたら
子ども手当は誰のお金
構造改革を検証
国債って
自由化は規制緩和は失敗?
ユニクロの秘密
経済の分断は戦争を生む
日本の将来を考えよう
国をつくろう
台湾は国なの?
国は奪われることもある
2000年も国を持たなかった人達の悲劇
国があることで国民が守られる
国家権力って
税金がない国はいい国?
国によって政治の仕組みは違う
自由には責任が伴う
国を良くするも悪くするも私たち次第
誰が国を支えている?
世界の人達の目を意識する
なぜ日本は外国を支援している
世界中で戦争が起きている
国際支援は大切
侵略されにくい国って
外国との同盟は対等でなくてはいけない
軍隊を持たずに平和に暮らせない?
シビリアン・コントロールって
近い将来に宇宙軍ができる
海外留学や海外出張の1日目から生活に困らない英語力を付ける方法
リンク集

魔法の金運アップの方法 -秘密の7法則-
埼玉りそな 金利
















誰でもわかっちゃう政治の超基礎 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。