学びながら稼げるネットビジネス生活向上倶楽部

誰でもわかっちゃう政治の超基礎 

今更聞けない政治の基礎を徹底的に小学生でもわかりやすく解説します。選挙とは政治家とは政党とは国際協力とは何かを考えてみましょう

サイトマップ

国があることで国民が守られる

何故、人々は国にこだわり、守り、持とうとするのでしょうか。



突き詰めていくと、それは2点に集約できます。

1.1人でいるよりも大勢のほうが便利だし効率がよい

2.1人でいるよりも大勢のほうが、身を守るのに適している

ここから、国が私たち国民に何をしてくれるのか、という答えも見えてきます。

まず、国は国民を守ってくれるということです。

国が国民を守るとは、どういうことかわかりますか?

勘違いしてはいけないのは、別に国という強大な組織があって、それが私たちを守ってくれるのではないということです。

私たちを守っているのは、実は私たち自身なのです。

例えば、外国の軍隊が攻めてきたとき、日本では自衛隊が出動することになっています。

自衛隊の自衛官は、私たちと同じ日本人です。

つまり、日本人によって日本国、日本人を守っているのです。

資金や装備などの問題を考えれば、おそらく個人では自衛するための組織を整備できません。

どんなお金持ちでも、自衛隊を個人で準備するのはきっと無理でしょう。

そういう意味でも、やはり国は必要なのです。

自衛の手段を整備できる国があることで、はじめて国民が守られるのです。

でも、いきなり外国の軍隊が日本にせめて来るなんて、そんなことあるの?という声が聞こえてきそうですね。

たしかに、日本はここ数十年ものあいだ、戦争には巻き込まれませんでしたから、いきなり外国の軍隊が日本に攻めて来るなんてちょっと考えづらいかもしれません。

では北朝鮮に拉致された多くの日本人について考えてみましょう。

これは実際に起きた事件ですね。

国は、国民の生命・財産を守ってくれる存在のはずです。

ですが、それが他国との力関係や別の理由でないがしろにされるとしたらどうでしょうか。

だれだってイヤですね。

例えば、皆さんのお父さんやお母さん、兄弟姉妹が外国に拉致されたら、どう思いますか?

あなた自身が北朝鮮に誘拐されたら?

聞くまでもないですよね。

当然助けだして欲しいと思うはずです。


北朝鮮に直接、拉致した人を返してくれ!と言えば返してくれるでしょうか?

これも残念ながら、そう簡単にはいきません。

個人のレベルで北朝鮮と話しあっても、あちらは相手にしてくれないのです。

北朝鮮による拉致も、日本という国が正式に、拉致した人を返してくれ!と抗議したから、問題の解決が進展したのです。

十分ではありませんが、それなりに対応して、一部の被害者が帰国できました。

ただし、日本国の意思として、拉致被害者を返せ!と正式な抗議を出すまでには、長い年月がかかりました。

被害者の家族たちが、雨の日も風の日も街頭に立ち続け、懸命に訴え、多くの国民の賛同を得て、ようやく日本を動かしたのです。

私たちを守ってくれる国は、私たち国民によって動かさなければいけないときもあるのです。

学びながら稼げるイーラーニングネットビジネス生活向上倶楽部
政治ニュースを読み解くカギ
民主主義は面倒くさい
選挙に行かないで政治に文句はいわない
政治家の悪い選び方
選挙制度の有利不利
政権がとれない政党は連立する
どうして日本は二大政党制になった
衆議院と参議院の選挙
比例代表制って
打算的な選挙とイメージの投票
参議院はいらない?
政党って
政治家が権力を求める
強力なリーダーが続けば政権も長続きする
各政党の違い
派閥ごとに決まっていた大臣のイス
国会は意外と簡単なしくみ
日本で一番偉いのは?
政治家ほどよく働く職業も珍しい
借金する政治家っている?
政治献金と違法献金
議員特権は議員のためではなく国民のため
民主主義の問題点
すぐれた政治家は長期的視野をもっている
国会議員と地方議員の違い
政治家には実行力が必要
地元の利益を優先する国会議員って
どんな人が政治家に向いている
最近の政治家には威厳がない
誠実そうではなく誠実な人を選ぶ
世界を結ぶ線が見えますか
自国を優先しなくてはいけない場合
中東で戦争が起きたら
子ども手当は誰のお金
構造改革を検証
国債って
自由化は規制緩和は失敗?
ユニクロの秘密
経済の分断は戦争を生む
日本の将来を考えよう
国をつくろう
台湾は国なの?
国は奪われることもある
2000年も国を持たなかった人達の悲劇
国があることで国民が守られる
国家権力って
税金がない国はいい国?
国によって政治の仕組みは違う
自由には責任が伴う
国を良くするも悪くするも私たち次第
誰が国を支えている?
世界の人達の目を意識する
なぜ日本は外国を支援している
世界中で戦争が起きている
国際支援は大切
侵略されにくい国って
外国との同盟は対等でなくてはいけない
軍隊を持たずに平和に暮らせない?
シビリアン・コントロールって
近い将来に宇宙軍ができる
海外留学や海外出張の1日目から生活に困らない英語力を付ける方法
リンク集

魔法の金運アップの方法 -秘密の7法則-
フラット35 金利 比較



誰でもわかっちゃう政治の超基礎 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。