学びながら稼げるネットビジネス生活向上倶楽部

誰でもわかっちゃう政治の超基礎 

今更聞けない政治の基礎を徹底的に小学生でもわかりやすく解説します。選挙とは政治家とは政党とは国際協力とは何かを考えてみましょう

サイトマップ

国債って

まず、国の赤字を減らす政策について考えましょうか。



表から考えれば、国の借金はないほうがいいわけですね。

ですが、表から見ているだけでは、物事の本質を見極められない場合が多々あります。

表・裏・斜め・横といろいろな角度から検証する必要があります。

国の借金について、横の視点でも見てみましょう。

例えば、国債とは、簡単にいえば国の借金のことです。

国が借金をするときに発行されます。

国の財政が健全なら、その国の発行する国債は、間違いなく返済して貰える。

だから、みんなが安心して買ってくれます。

買っておけば、買った分のお金に利子がついて返ってくるのですから、国債を買った人からすればお得なわけです。

でも、その国の財政がいい加減で、しかも借金だらけだとしたら、話が違ってきます。

ちょっと怖いですよね。

国債には利子があります。

財政状態の安全な国では国債の利子は低い。

どんなに利子が低くても、その利子がついて国債を買った分のお金は返ってくる可能性が高いからです。

つまり、国の財政に信用がある。

買う側もそれがわかっているから、たとえ低利子でも買う。

逆に財政が破綻しそうな国では、国債の利子が高い。

単なる紙くずになるかもしれない国債を買ってもらうのですから。

つまり、国債を買う人からすれば、利子どころか、国債を買った分のお金さえ返ってこない可能性があるのです。

財政が破綻しそうな国に、国債のお金を返す余裕があると思っている人は少ないでしょう。

だからその分、国は利子を高めに設定します。

リスクは高いが、お金が返せるときは高い利子と一緒になって返すという、ハイリスク・ハイリターンの国債にするわけです。

財政の危ない国は、ただでさえお金がないのに、高い利子も払わないといけない。

こうなると、財政再建はますます困難になり、その国の通貨の価値はどんどん下がります。

通貨の価値が下がると、例えば100円で1ドルと交換できたのに、400円出さないと1ドルと交換できなくなります。

今まで100円だった輸入チョコレートが400円も出さないと買えなくなるということです。

国の借金をなくしていこうという方向性は、表から見ても横から見ても間違ってませんでした。

まず、国の借金を減らそうとしていた点では構造改革は正しかったと思います。

学びながら稼げるイーラーニングネットビジネス生活向上倶楽部
政治ニュースを読み解くカギ
民主主義は面倒くさい
選挙に行かないで政治に文句はいわない
政治家の悪い選び方
選挙制度の有利不利
政権がとれない政党は連立する
どうして日本は二大政党制になった
衆議院と参議院の選挙
比例代表制って
打算的な選挙とイメージの投票
参議院はいらない?
政党って
政治家が権力を求める
強力なリーダーが続けば政権も長続きする
各政党の違い
派閥ごとに決まっていた大臣のイス
国会は意外と簡単なしくみ
日本で一番偉いのは?
政治家ほどよく働く職業も珍しい
借金する政治家っている?
政治献金と違法献金
議員特権は議員のためではなく国民のため
民主主義の問題点
すぐれた政治家は長期的視野をもっている
国会議員と地方議員の違い
政治家には実行力が必要
地元の利益を優先する国会議員って
どんな人が政治家に向いている
最近の政治家には威厳がない
誠実そうではなく誠実な人を選ぶ
世界を結ぶ線が見えますか
自国を優先しなくてはいけない場合
中東で戦争が起きたら
子ども手当は誰のお金
構造改革を検証
国債って
自由化は規制緩和は失敗?
ユニクロの秘密
経済の分断は戦争を生む
日本の将来を考えよう
国をつくろう
台湾は国なの?
国は奪われることもある
2000年も国を持たなかった人達の悲劇
国があることで国民が守られる
国家権力って
税金がない国はいい国?
国によって政治の仕組みは違う
自由には責任が伴う
国を良くするも悪くするも私たち次第
誰が国を支えている?
世界の人達の目を意識する
なぜ日本は外国を支援している
世界中で戦争が起きている
国際支援は大切
侵略されにくい国って
外国との同盟は対等でなくてはいけない
軍隊を持たずに平和に暮らせない?
シビリアン・コントロールって
近い将来に宇宙軍ができる
海外留学や海外出張の1日目から生活に困らない英語力を付ける方法
リンク集

魔法の金運アップの方法 -秘密の7法則-
住宅ローン 審査 甘い



誰でもわかっちゃう政治の超基礎 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。