学びながら稼げるネットビジネス生活向上倶楽部

誰でもわかっちゃう政治の超基礎 

今更聞けない政治の基礎を徹底的に小学生でもわかりやすく解説します。選挙とは政治家とは政党とは国際協力とは何かを考えてみましょう

サイトマップ

議員特権は議員のためではなく国民のため

「JRがタダで乗り放題」



「都心の一等地に建つ豪華な議員宿舎」

「月3回の地元までの往復航空券」

「議員会館を無料で使用」

国会議員の特権はいろいろあり、ときどき批判にさらされています。

しかし、一度冷静になって考えてみましょう。

国会議員に対する特権は、無用なものでしょうか?

実は議員に対する特権は、それが必要だから認められているのです。

もしも政治家がボランティアのように、無給とか安いお金でやるとなると、もともとのお金持ちや、特別大きな組織から推されて出てきた人しか議員になれません。

政治にお金がかかるのは、説明したとおりです。

これでは、お金持ちでない普通の人は政治活動など行えませんよね。

議員特権とは、見識と努力さえあれば、貧富の差なくだれもが政治に参加できるための仕組みなのです。

例えば、議員宿舎は確かに都心の一等地にあります。

それはしかし、議員に贅沢をしてもらうためではなく、国会が東京のど真ん中にあるためで、遠くから通うよりも便利だからです。


なんだ、結局は議員の利便性が優先されるのか、と思いませんでしたか?

誤解してはいけないのですが、便利というのは、議員にとって便利というより、議員に沢山仕事をさせるのに便利だということです。

国会議員は私たちの税金によって仕事をしています。

であるならば、なるべく時間を無駄にしてほしくない。

議員は税金で食っているのだから、3時間かけて通勤してみろ、という気持ちもわかります。

そうすれば、通勤地獄をなんとかする気になるだろうとも思います。

しかし、国会議員のその3時間にも、私たちの税金が支払われ続けているのです。

そこを考えてみてもいいのではないでしょうか。

それから、議員宿舎に入居する理由、国会のたびに北海道や沖縄から毎日通うという理不尽をなくすためのものです。

当然、東京の議員は宿舎には入りません。

地方の議員の不利をなくすためにも安い宿舎は必要です。

ただし、国民の税金で賄われている以上、国民が納得するものをつくらなければなりません。

財政赤字の市役所や町役場が、その市や町で一番豪華な建物だという例は、残念ながら日本中に見受けられます。

見るたびに頭に来るのですが、これは許されません。

都心の一等地に議員宿舎がある理由はわかりますが、その建物が豪華である必要はないですよね。

学びながら稼げるイーラーニングネットビジネス生活向上倶楽部
政治ニュースを読み解くカギ
民主主義は面倒くさい
選挙に行かないで政治に文句はいわない
政治家の悪い選び方
選挙制度の有利不利
政権がとれない政党は連立する
どうして日本は二大政党制になった
衆議院と参議院の選挙
比例代表制って
打算的な選挙とイメージの投票
参議院はいらない?
政党って
政治家が権力を求める
強力なリーダーが続けば政権も長続きする
各政党の違い
派閥ごとに決まっていた大臣のイス
国会は意外と簡単なしくみ
日本で一番偉いのは?
政治家ほどよく働く職業も珍しい
借金する政治家っている?
政治献金と違法献金
議員特権は議員のためではなく国民のため
民主主義の問題点
すぐれた政治家は長期的視野をもっている
国会議員と地方議員の違い
政治家には実行力が必要
地元の利益を優先する国会議員って
どんな人が政治家に向いている
最近の政治家には威厳がない
誠実そうではなく誠実な人を選ぶ
世界を結ぶ線が見えますか
自国を優先しなくてはいけない場合
中東で戦争が起きたら
子ども手当は誰のお金
構造改革を検証
国債って
自由化は規制緩和は失敗?
ユニクロの秘密
経済の分断は戦争を生む
日本の将来を考えよう
国をつくろう
台湾は国なの?
国は奪われることもある
2000年も国を持たなかった人達の悲劇
国があることで国民が守られる
国家権力って
税金がない国はいい国?
国によって政治の仕組みは違う
自由には責任が伴う
国を良くするも悪くするも私たち次第
誰が国を支えている?
世界の人達の目を意識する
なぜ日本は外国を支援している
世界中で戦争が起きている
国際支援は大切
侵略されにくい国って
外国との同盟は対等でなくてはいけない
軍隊を持たずに平和に暮らせない?
シビリアン・コントロールって
近い将来に宇宙軍ができる
海外留学や海外出張の1日目から生活に困らない英語力を付ける方法
リンク集

魔法の金運アップの方法 -秘密の7法則-
変動金利 優遇



誰でもわかっちゃう政治の超基礎 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。