政治ニュースを読み解くカギ|誰でもわかっちゃう政治の超基礎

誰でもわかっちゃう政治の超基礎

借金する政治家っている?

国会議員の収入は歳費(お給料)がおよそ月130万円です。

 

文書通信交通費は毎月100万円、歳費手当(ボーナス)は年600万円ちょっと支払われます。


国会議員に支払われる金額は、1年で総額およそ3400万円です。


すごい金額ですね。


ちなみに日本人男性の平均年収は500~600万円ぐらいですから、、政治家は約6倍もお給料を貰っています。


女性となるとその差はもっと開きますね。

 

政治家をやるとお金持ちになるのでしょうか?

 

それが、ちょっと違うようなのです。


例えば、あなたが衆議院議員に立候補して、当選したとします。


選挙前には貯金も多少あったのですが、全額を選挙で使い果たしてしまいました。


選挙にはボランティアの人たちが活躍してくれましたが、自分のポスターやチラシをつくるお金は自己負担です。


選挙事務所や車を借りるお金、電話代、電気代、郵送料などのほかに、もちろん家族の生活費も必要でした。


当選して、ようやくお給料が貰えます(落選したらもちろん1円も出ません)。


国会議員の給料は諸々含めて約3400万円でしたね。


金額だけ見ると大金ですが・・・。


国が給料を出してくれる公設秘書3人のほかに、少なくとも6人は私設秘書を雇わなくてはいけません。


選挙区での活動、政策立案に必要だからです。


私設秘書1人分のお給料を年間300万円としましょう。


6人の秘書を雇えば1800万円になりますね(実際にはもっと人件費がかかるケースも少なくありません)。


そう、大多数の秘書は政治家が個人で雇っているのです。


ほかに、家賃が月20万円ほどの事務所を地元に2ヶ所は借ります。


家賃以外にも電話代、水道光熱費を含めて年間600万円はかかるでしょう。

 

それ以外にもやることはあります。


国会でも活動や政策を伝えるチラシをつくり、有権者に送る。


制作報告会を開くために会場を借りる・・・。


これだけでもまた、簡単に600万円以上は飛んでいきます。


さて、ここまでをまとめます。


  • 秘書の人件費1800万円
  • 事務所の家賃・光熱費600万円
  • 広報・集会費用600万円

合計で3000万円です。


では、3400万円から3000万円を引いた400万円を議員個人の生活費にあてられるかというと、これがそうもいきません。


次の選挙のために貯金しなければいけませんし、人によってはもっと出費している政治家もいるでしょう。


そんなことしていたら、お金が足りないじゃないかと思いませんか?


そのとおり、実は赤字になっても不思議ではないのです。


選挙のたびに借金をしている政治家もいるぐらいです。


たしかに、お金持ちの政治家もいます。


しかし、普通の家庭に生まれ育った政治家は、お金に苦労していることも少なくないのです。


外国の政治家はどうなのでしょうか?


例えばアメリカでは、1人の国会議員が20人以上のスタッフを抱えているケースもざらです。


国からそれくらいのお金も出る。


国民から非難されることもない。


ですが、日本は秘書3人までしか公費で雇えないわけです。


他国に比べて、日本は人件費がかかりますね。


ホーム RSS購読 サイトマップ